2019年9月15日日曜日

形を変え、やり方を変えて存続する

 



 会社にとって経営理念というのは、やっぱり大事だと常々、痛感するのだが、多くの場合、そのほとんどが社員に伝わらず、逆に崇高過ぎる目標を掲げすぎて、会社が成熟する前から、人を育てる使命感に燃えてしまい、いつしか企業理念という幻想に、自分自身が、絶対の憧れをもってその熱にうなされているのだと知り、心打ちひしがれるがごとく、自暴自棄に、創業当時の思いを放棄したりするのは、未熟な経営者にはありがちである。ご多分にもれず、自分もまたそれに幾度となく、直面してきた。残念ながら、正しいと思ったことが、常に自分の想像する形にアウトプットされないという現実を受け入れるべき時があるのである。

理想は理想として、しかしまずは会社に利益を残し、会社が存続することを優先しなければ、社会貢献の前に会社が消えて無くなるのでは本末転倒だ。どうやって働く人の待遇をよくしつつ、社会にも受け入れてもらえて、会社にお金が残るように経営するか?これを考えるたび、禅問答となって、もはや現実的とは思えないと結論に至ってしまうのだが、重要なことは、会社が儲けるというのは、続けるための前提なんだということを、忘れてはいけないと思う。儲けがないと次への投資ができないから、会社は続かないのである。情熱や綺麗事だけで続くものではないと、10年の歳月で改めて再認識している。

人生というのは本当に不思議なものだ。そして自分の思うようにならない。若い頃は、すべては自分の想い通りにコントロールできると勘違いをするのだが、さすがに50を前にすると、それがいかに非現実的かを思い知るにあまりある。自分では、うまく立ち回ったつもりが、自分の理想とは懸け離れた人生を歩むこともあるだろう。しかしそれも自分の人生。受け入れる以外に術はない。今の自分は過去の自分が選択した結果として存在しており、自分がこれまで歩んだ人生で作り上げたものだ。誰の責任でもなく自分の責任。ゆえに後悔しない生き方をすべきだと先人たちは力説する。しかし、それができれば、ここまで悩むこともなかろうというものだ。

この文章を書いている、2019年9月14日の今、私はアムステルダムにいる。今週はマイルランテックのビジネスにほとんど触れることができなかった。大事なセミナーがあること。海外からのお客さんがあること、会社の運営、売上に対する責任など、自分がやらねばという強い思いを持ちつつも、この3年の間、自分の会社に関わることが少なかった。しかし、写真のように、社長なしでも、会社はしっかりと一つのチームになり、無事にセミナーも終わったようだ。実は悲しい現実かもしれないが、この社員だけで会社がうまく運営されている状態が理想の形なのだ。自分はあくまで脇役で、嫌われ役であり、その中心にいないことが、社員にとっても幸せなのかもしれない。

人がどんどん離れ、入れ替わりながらも、会社は続けることができる。一時の苦痛はやがて消え、また新しく会社は変化していく。諦めさえしなければ、これを繰り返して、新しい形へと変化していくことで、それぞれの時代で価値を生み出し続けることができる。
どんなに皆が悪く言おうが、価値を生み出し提供することで会社は存在し続ける。そしてどう悪く言われようが、自分はこの会社を作り上げ、今後もうまく、この会社を存続させ続けてやろうと強く決意する。



2019年9月14日土曜日

スタートライン















 9月に入り、少し涼しい空気になっているGenkの街で、この1週間の業務がおわり、土曜日の今日は、これからアムステルダムへ移動することになっている。
グローバル企業を目指すLuminexというベルギー企業において、Subsidiary Companyの社長、つまりはカントリーマネージャーを任せてもらえるのは、自分にとっては奇跡のようなものだと常々、思っている。

そして、会社が成長するに従い、人も増えて、自分の役割も大きく変化していくこと、来年には50になる自分自身も、この仕事を続けるのであれば、さらに能力を高める必要があるのだという事を最近、強く感じる。しかしながら、私は自分の会社のオーナーでもあり、社長でもある。しかも両社はともに同じような産業で働いてきた。これがこの数年間、歪みとなって、私を苦しめ続けたと自分は考えている。 しかしおそらく、それもようやく終わる

 2019年の8月、以前から計画して通り、LuminexJapanが、私の会社マイルランテックのオフィスから出て、新しいオフィスへ引っ越しをした。互いの共存関係が終わり、異なる道に進むことになった2つの組織は、それぞれに独立した道を歩むのである。これは新しいスタートラインとも言える。後年、この時期を振り返った時、間違いなく、マイルランテックとして、やっと重荷が取れた印象として残っているのじゃないだろうか?

12年の間、十二分にマイルランテックは、Luminexに貢献してきたし、もちろんその見返りとなる恩恵も受けてきた。しかし最後の2年あまりは、まさに身を削ってまで、支えたと言えるだろう。最後はぼろぼろになって、悲惨な状況だったと自分は感じている。あの当時に働いてくれた人、そして去っていった社員には、心から迷惑をかけたねと、謝りたい気持ちになる。自分でもなぜ、そこまでしてLuminexを支えたのか?使命感なのか?本当にベルギーの社長に感謝し、何かを返したかったのか?今では、遠い記憶の深みに埋没して、思い起こせるものが何もない。

今年、マイルランテックは、Luminexビジネスだけでなく、 劇場のビジネスも舞台照明のビジネスもすべて破壊した。これまで築き上げた価値を自ら放棄したのだ。それを持って、Luminexとの関係を断ち切り、新たな価値創造へ向き合ったのである。そのためには、いつまでもマイルランテックのミルクを吸い続ける子どものようなLuminexJapanをそばに置いておくわけにはいかない。2つのオフィスを分ける決断は、必然だった。

これにより、2つの会社の交流を断ち切り、連綿と続く社長への批判などの負の連鎖も断ち切りたかった。その後に、新しい社員を獲得することで、皆がニュートラルな感性でスタートラインに立てる。また、私自身、2つの会社で社長業を行う上でも、同一の業種では、利益相反が起きてしまい、常に判断が揺れることになる。今もそうだが、Luminexサイドに立つ視点と、マイルサイドに立つ視点で、自分の表現も考えも大きく変わる。この状況が常にストレスであり、正常な判断を阻害する要因でもあった。

こうしたストレスと混乱を除去するために、この決断に至ったが、今、こうして新しいスタートラインに立ち、Newマイルランテックとして、これからようやく新しいビジネスに向かうことができる安堵感を感じるとともに、オフィスには純粋に新しいマインドで入社した社員もいる。新しいメンバーで、マイルランテックだけのオフィスで、新しい世界を創っていける。これこそまさに新しい時代の幕開けになることを確信しています。



2019年6月28日金曜日

マイルランテック2.0

 ふと仕事を止めて、窓の外に目をやると、オフィスの窓から見える空が薄い紫に染まり、五反田の街並みが夜の光を放ち始める時間です。しかし、会社は静かで、すでに誰もいません。静かなオフィスでなんとなく未来のことを思ったとき、
ブログを更新してみようかと思いました。

それにしても、毎日のすべての時間が、仕事で埋め尽くされる中小企業の社長というライフスタイルに、そろそろ区切りをつけたいと思う今日この頃です。もちろん、それが、そう簡単ではないということもよく知っています。やはり今後も、平常運転で継続的ハードワークになるんでしょうか? いやいや、私も残りの人生を考えて、生き方を変えるべき
ときです。そう、事実、当社は今年、働き方改革を進めており、社員全員がフレックスタイム制の対象となり、以前から残業も少ないですが、さらに個人のライフスタイルと仕事を両立できるように仕事内容も変えていくつもりです。

今年、私が名付けた改革、マイルランテック2.0には、第2創業の意味が込められており、これを機に新たな価値を生み出す変化を起こそうという思いがあります。そのために、新たなメンバーを加え、ビジョンの再設定、働き方改革、サービス内容の再構築などを進めています。これは本当に大きな改革になります。それを一緒に構築してくれるメンバーを、
今も募集中です。まるで12年前に戻ったような、そんな感覚を覚えます。

イノベーションを起こすのは、本当に大変なことです。12年で積み上げた価値を過去にし、新たな価値を積み上げるのは、成功するかどうかも見えず、不安でしかない。しかし、それでも実行しなければと強く思うのは、12年の歳月で、環境も変わり、自分の役割も変わったし、マイルランテックの存在価値に、新しい何かを注入しないと、次の10年を生きることが難しいと感じるからです。もちろんきっかけはLuminexとの別れがきっかけであることも確かですが。。

時々、マイルランテックはLuminexから放り出されて、死んでしまうのではないか?といったご心配をされることもありますが、私はそう思わないです。捨てられたのではなく、お互いに別の道を選んだ。そして舞台照明というカテゴリー、それはマイルの1つの側面でしかなく、劇場の照明ネットワークインフラというカテゴリーを創出し、その重要性を訴えてきたその姿は、マイルランテックという企業の1つの仕事でしかなかったと言えるのです。事実、マイルの仕事には、メディアサーバーの販売、ショーコントロール製品の販売もあり、これらすべてが1つになってマイルランテックを形成しているのですから、1つのパートが失われても、自分はマイルの価値は色褪せないと考えています。

今、私が何を考え、マイルランテック2.0で何を表現しようとしているかは、今後の活動で見えてくると思います。われわれの価値は舞台照明分野だけにとどまらないのです。さまざまな形で、映像や照明、音響の世界に関わることがあり、これからの10年で舞台という自分の育った産業を飛び出し、まったく異なる世界で、新しいマイルが光を放ち始めるだろう。今はまさに夕暮れと夜のはざま。フェードチェンジの瞬間です。マイルランテックは、舞台照明の分野からは、少し距離を置いた働き方になると思いますが、新しい土地に新しいメンバーとともに、力強く進めるように成長を続けたいとおもいます。





2019年3月28日木曜日

Luminexとのお別れ

 
 すでに、タイトルの件に関して、お取引先各社様には、ご連絡を配信しているため、この話も拡散していることと思いますが、タイトル通り、マイルランテックはこのLuminexの事業から身を引く決断をしました。これは、決して楽な決断ではなく、苦渋の決断であります。

当社は、2007年に創業して以来、長いあいだ、Luminexブランドを支えてきたわけですが、とうとう決別のときがきたということです・・マイルランテックにとって、シンボルとも言えたLuminexブランドを手放すことは、長い付き合いの伴侶を失うかのような喪失感もあり、正直、自分としてもつらい決定にはなりましたが、今後の劇場や公共ホールの発展や照明業界に対し、しっかりとサポートを提供できる方々こそが、担うべきお仕事であり、その面で当社は力不足と言わざるをえない。というのが結論です

このように書くと、まるで死んでしまうかのようですが、私個人は引き続きLuminexJapanのシェアフォルダーとして、代表取締役としても、お仕事をしつつ、マイルランテックは新しい事業でしっかり、次のビジネスを展開していくつもりです。 今回の決定は単純にLuminex製品はLuminexに任せ、我々はわれわれの道を歩むというだけです。。私たちは、今マイルランテック2.0の最中にあり、それはまだまだ、これからの新しいビジネスです。。

 当社は、これからも、もっとユニークな会社として、また驚きと感動を提案できる会社になりたい。それはLuminexが手元から消えても、なくなることはない。常にわれわれは、新しい何かを発見し、つぎの時代のショーテクノロジーを追求してきました。
歩む道は見えている。4月になれば、新しいWEBサイトで、新しいマイルランテックを披露することができます。今後ともよろしくお願いします。


2019年1月13日日曜日

Modulo Kineticとショー制御 2019

 2019年 新年がスタートして早くも2週間が過ぎます。
来週には、毎年、恒例となった光和さんの内覧会への出展があり、そこではModulo Kineticを映像シミュレーションのコーナーに展示しつつ、当社ブースにおいては、ショーコントロールやパーティクルのジェネレートなどの展示を行います。ぜひ、興味のある方は、お立ち寄りいただければと思います。
 
https://www.kowanet.co.jp/privateshow/2019_invitation.php

Modulo 社には、似ているけれど、異なる製品が2つあり、そのうちの1つModulo Playerまでは、私も理解できる馴染みのメディアサーバー概念の中にありましたが、わたし自身が迷うほどにもう1つの製品であるModulo KIneticは新しい発想にあって、メディアサーバーという言葉が正しいかどうかも微妙な製品だと、先のスレッドでもそういう話を書きました。

 http://milecontrol.blogspot.com/2018/12/blog-post_16.html

私の育った環境である舞台の人と話をするとき、 メディアサーバーといえば、DMXコントロールのメディアサーバーであり、演出に合わせ、いくつものコンテンツをその場で重ねたり、動かしたりと、それは照明のゴボの延長にあるものが意識されます。今ではArkaosやGreenHippoなどスタンダードなものがいくつもあり、海外からくるツアーの人々が求めるものといえば、それら製品になるのだろうと思います。しかし、それは照明制御のメディアサーバーと言われるもので、舞台で求められるそれらメディアサーバーが、すべての産業で同様に活用されるかというとそうではないと今では言えます。

照明制御のつまり照明ゴボの延長にあるメディアサーバーの流れと、映像分野の映像プレイヤー的な側面をもつメディアサーバーは同じ言葉で表されるものの、異なる需要の異なる製品で、それが今では別々の分野を形成している状況が今と言えるでしょう。その分野が、ModuloPlayerの活用される現場であり、映像技術主体のLEDスクリーンへの映像送出やプロジェクターによるマッピング等の世界です。

これら2つの分野は、系譜はどうあれ、近似した製品の活用方法であり、5年位前までは、2つの分野の製品が両方の分野で活用されるケースもあったと思うのですが、今ではそれらが完全に分かれて存在していると感じます。15年前、私はこの2つの分野が1つの新しい世界(業界)を生み出し、MediaSeverと言えば、照明と映像と両方の業界で共通のものが使われるイメージをもっていました。が、しかしそれらは完全に分離して異なる業界が異なる機能を製品に求め、それらに特化した製品がおのおのの分野に存在している。

そして今、Modulo KIneticのような製品は、上述している2つの分野とも異なる第3の分野として誕生しつつあり、これらはショーコントロール機能をも包括し、ステージ機構や映像、照明などの同期演出のプラットホームとして機能する。それが純粋なメディアプレイヤーかと言えば、そうとはいいがたい。

何がこれまでと画期的に特異かと言われれば、私はメディアコンテンツを使わないパーティクル等のリアルタイムジェネレートが、もっともこれまでのメディアサーバーと異なる世界だと思う。こうした製品はこれまでのフレームワークを壊し、新しい価値を与えるものであり、20年前のメディアサーバー誕生時と同様に一部の人の間で、拒否反応がでることもあるとは思いますが、この分野がすでにこの業界に浸透してきており、避けて通ることができないものであることも確かです。もはや、この手の製品に、これまでのメディアサーバーという枠組み、イメージは古すぎると思う。次世代の映像演出であり、そのプラットホームはIT技術をベースに、非常に異なる分野が融合したものになった。



2018年12月27日木曜日

熱狂のうずの中で終りを告げる遠い過去にみた未来

 毎年、ブログで自分の思い、みたいなことを語ってきて、誰も興味を持たないのに、無駄なことをしている意識はあるのですが、しつこく、ブログを書くのは、自分にとっての心の整理のような行為なのだと感じています。今日も2018年の終わりに感じることを書いてみます。

改めて思うに、今年、当社としては、さまざまな試みが一区切りを迎えた年でした。12年続けた当社の業務が転換点を迎えていると思うのは、LuminexJapanというべつの会社をつくったことだけでなく、新しい演出手法がITテクノロジーにより、いとも簡単に実現し、これまで舞台においては、コンピューターテクノロジーなど別世界だったものが、いまやプラットホームとも言える環境になり、この流れは不可逆だろうなと感じるゆえです。

12年前、トータルショーコントロールという概念や需要も希薄だったその頃、私が追い求めたのは、ネットワークベースのショー演出制御システムの構築と、異なる要素を同期させることで得られるユニークな演出という夢だったわけですが、それらは今となっては、当たり前になり、センサーをつかった照明と映像の演出など、もはやそこに驚きは、ありません。そして、それを実現するソフトウェアのクリエイターが、そこかしこで活躍しているのです。

いつも驚きと感動を伴う技術やメソッドは、静けさの中から人知れず生まれ、今の自分の周辺同様、熱狂の中でその最後を終えるものです。12年前に描いた夢や世界観は、すでに自分の中では、暑い夏の陽炎のごとく、消えうせたと感じていて、なにより以前から不安をもっていたIT産業との完全なるリンク。舞台演出の世界をそこに働く人の力で守り、IT技術を自らコントロールすべき、と考えたあの頃、その抗いには儚く敗れ、今や目の前に濁流がたけ狂う急流に落ちた心境です。

ネットワークインフラは必要不可欠な存在

今では誰でも意識できることの一つに、演出世界の通信の基幹インフラはすべてIPネットワークになり、ネットワークインフラを否定することなど、この先、照明も映像も音響の誰もが無理だと感じることでしょう。しかし、このネットワーク技術の未来は、IT業界のレールの上にある。これを受け入れた時点で、われわれの産業はIT技術の上の存在の1つになり、プラットホームがITになったという意味なのだと思う。これは、こちらでハンドリングできるものではなく、IT産業の力が大きく関わってくる。

このITという表現に難癖つける人が出てくるので、ITの定義について確認しておくと、
情報通信技術という点だけでなく、広義のコンピューターテクノロジーを含む表現です。
舞台演出産業から誕生した技術ではなく、あちら側の技術であり、その進化はコンピューター産業の進化にぴったりシンクしていく。その速度がドッグイヤーと言われるのは、誰もが知っている事実。このような速度で進化する技術をベースにした我々の産業は今、これまでのようにネットワーク技術に長けた人が必要なく、自分たちで管理できると言える時間もつかの間で、エッジスイッチの管理すらもやがて、IT技術を持つ人に管理される時代がくるのだろう。またはこの業界に特別なセクションをもうけるか、または ネットワークインフラエンジニアの業界から演出分野のインフラを担う業界を構築するか。

いずれにせよ、これから舞台照明のノードなども、CAT6aを使うIGb/sのネットワークになり、より厳しい施工管理が求められ、バックボーンが10Gの時代がくると、もう目の前ですが。。 10年前の牧歌的なネットワークインフラとは大きくその役割や理解すべき技術のレベルが変わるでしょう。やがてクローズドな舞台のネットワークも外部のネットワークにつながり、プロのITエンジニアに管理される時代が来てしまう。われわれの仕事から、インフラ管理の仕事は、切り離されていくのだろうというのが私の想像です。以前は、この分野に関して、大きな障壁があって外の世界と隔離されたイメージをもっていた私ですが、いつのまにか、その壁はなくなり、気づかず、この業界に外の世界を呼び込むことになってしまっている気がするのです。





2018年12月16日日曜日

テクノロジーアートとステージ 異なる価値観の中で揺れる

 本当に久しぶりの投稿である。つい先日、フランスから帰ってきた今、向こうで感じた今の演出技術の進化について、久しぶりに、自分が感じている今を書いてみたいと思うようになった。きっとそれは自分があまりにこの世界から距離を置いていた反動でもあり、自分自身、これまで書いてきたブログ内容を整理したい欲求に駆られた結果でもある。ここで書く内容は、もちろんわたしの主観で書かれており、これが正しいとは証明する術はない。単に参考までに記録しておきたい。

さて、毎度の説明になるが、当社は、すでに10年以上前から、Catalyst MediaServerという製品を使ってステージ産業に誕生するだろう新しい映像分野を予見し、その分野は照明ともつながり、新たな境界を誕生させるだろうと想像していた。当時はプロジェクションライティングと表現したと思う

 https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3110217303/

加えて、そこから派生する制御という異なる分野をつなぐ役割としての存在もやがてはクローズアップされると予見した。故にショーコントロールという制御分野でも、さまざまな技術を提供し、プログラミング等のサポートを提供しようと努力し続けきた。それが当社にとっては、Medialon製品だった。あれから10年が経過して、おぼろげながら今、形成されつつある新たなトレンドの形が見えてきた。それは自分が考えたものとは大きく異なるもので、ショーコントロールというシステムや概念も過去へと追いやられ、メディアサーバーという存在もまた再定義される時代が来ているのを強く感じる。しかし間違いなくステージビジュアルを構成するさまざまなエレメントは互いにつながりあうことを求めているのである。

スタンダードなメディアサーバーのイメージは過去のもの

 入社する社員には伝えているが、当社の社名はMotion Image & Lighting control Environment から名付けた。照明と映像が重なり合う世界のイメージだった。しかし、多くの人はこの意味をあまり深く捉えることはなく、単に過去の栄光を自慢するおじさんの戯言のように聞く耳をもたない。しかし今もこの概念は生きているし、今後も照明技術と映像技術は引き寄せあうとともに、新たな世界を誕生させつつあるが、そのハンドリングについて、ステージ産業外から大きな波が押し寄せ、当初、私が考えた世界観とは大きな隔たりを見せているのはたしかである。

照明業界の人が映像について意識するとき、それらは常にDMX制御を主体とした視点に立つ。例えばピクセルマッピング、映像サーバーと照明コンソールの一体化など、まるで2000年前半の過去の幻影に囚われた思考に陥るのは、舞台演出に使うMediaServer製品が一定の地位を築き、すでに確立されたジャンルとして認識されているからだろう。それはそれで、メディアサーバーが20年の時を経て、1つの形に完成した結果でもあるのだが、今、ここで論じる新たなトレンドからは程遠い昔話である

プロジェクションマッピングという言葉で、狂乱した一時の映像演出も主役はコンテンツ制作者であり、それが今後の主流になるわけでもない。よく聞かれる4Kとか8K、10ビット色深度、この際、画質やレゾリューションなどのささいな比較材料については、もはやどうでもよい。やがて時間が解決するだろう。今、意識しなければならないことは、異なる仕組みとの連携であり、リアルタイム性、本来は制作されたメディアであったはずの映像コンテンツをソフトウェアでリアルタイムにジェネレートする仕組みが出来上がり、これらを誰が使いこなし、コントロールするのか?である。

今、メディアサーバーの新しい世界観は、ITとアートの世界を巻き込み、再定義されつつある。まるで、グラフィックデザインとテクノロジーの融合とも言える世界がそれで、彼らは、コンピューティングテクノロジーの産業を巻き込み、イベント映像産業に進出してきた。さらには、この流れがやがて舞台演出、TVなどのすべての分野に波及するだろうことは、想像に難くない。しかしそれはもはやステージ・イベント産業がそれを受け入れた時点で不可逆的で、定められた運命のようなものだ。

今や映像業界も、照明業界も皆が、トラッキング、シミュレーション、こうした新しい演出に高い関心を寄せている。仮想化世界、センサートラッキング、パーティクル生成、リアルタイムライブエフエクト、モーショントラッキング、これらすべては、1つにつながり、映像技術とIT技術が一体となる世界が今そこにあり、しかもこの分野の多くはアートインスタレーション、クリエイター産業の人が主導権を握り、ステージ演出に組み込んでいる。

いや、この手のテクノロジーを一からステージ産業で学ぶにはあまりにかけ離れすぎた技術になりつつある。この技術や手法が一般化していく過程で、その進化速度は驚異的なものになるだろう。もはやこれまでの演出技術の世界観とはまったく異なるソフトウェアによるすべてのエレメントの制御。この分野では、 ショーコントロールさえも、制御製品は過去へと追いやられ、メディアサーバーを主体としたソフトウェアによりその存在を否定されるだろう。

映像コンテンツという いわばクリエイターによる作品や、最近急増したIT技術とアートを組み合わせるテクノロジーアートとも言われる彼らの世界観は、舞台という古くから存在する価値観と混ざり合うことがないし、それは特別な世界のものだろうと考えていたが、どうやら、そうでもないようだ。今後のプロダクションの核は、映像とステージ機構と照明の連携であり、つなぐ技術はIT分野のもので、演出をデザインする人々は、複雑なプログラムをシミュレーションで確認しながらグラフィックアートをそのタイムライン上でリアルタイムにジェネレートするだろう。

その主役はクリエイターになるのだろうか?それとも、今以上に、テクニカルセクションが細分化されるのか?とすれば、私たちがメディアサーバーと呼んでいたこの装置やソフトは、その言葉以上の存在になっており、もはやなんと呼べばいいのか不明である。それほどに、私が経験した20年とは比較にならない新しさを、先週の体験であるModuloKineticは秘めていた。もうメディアサーバーの違いを騒いでいる場合ではない。それらを選んでも使いこなすこと自体、非常に幅広く高いレベルの知識とセンスを要求される時代になった。そしてそれを理解し、操ることのできる人を有する産業がすぐ近くにいる。これを脅威ととるか、無視して今、目の前にある仕事だけに集中するのか?いずれにせよ、さまざまな技術が混ざり合うことは不可避である。