2020年5月31日日曜日

潮目の変化


 長い自粛期間が終わり、この二ヶ月におよぶ自粛効果は、本当にあったのか?おそらく、そろそろ検証が行われるだろう。そして世界中で言われているように、日本は異次元的に緩いロックダウンでも、ほぼ感染拡大を抑えられている上に驚異的に死者が少ないことは事実であり、誰もが思う果たして緊急事態宣言は必要だったのか?という疑問が大きく首をもたげてくるのである。 しかし、既に潮目は変わってしまった。。

東京都のロードマップでは、6月19日以降を目指して、1000人規模のイベントなどが行えるようになる上に他県への移動も制限がなくなるというが、それは決して元に戻れるということと同義ではない。この感染症による新しい生活スタイルは、既に植え付けられた恐怖感と日本国民独特の同調圧力により、そう簡単に以前と同じに戻りはしない。この状態は、長期視点で見るべきだと誰もが感じていることだろう。

より大きな問題は、感染症による生活スタイルの変化ではない。これはあくまで新しい世界、ゲームチェンジのトリガーでしかなく、ワークスタイルの変化、東京都心から地方への移転の加速、イベントやエンターテイメントの再定義、企業の営業活動のオンライン化、インバウンドから国内需要へのターゲット変更、グローバリゼーション断絶による企業戦略の見直しなど、パラダイムシフトが加速するのが、馬鹿でもわかるくらいに明確になっている。元に戻るどころか、全く異なる常識、ルール、ワークスタイル、生き方、全てが変化を加速させている上に、オンラインへの過度な依存が強まっているというのが現実である。もう今までの仕事の仕方も、考え方も通用しない。

こうした中、小さいながらも、自分の会社を持つ身としては、どうやって自分の会社を存続させるか?というテーマに取り組んでいるが、既に3月の時点で、私はこの問題は短期で解決することはないと確信していた。日本国内において、感染拡大を封じ込めたとして、どうやって他国と人的交流を行うのだろう。すでに先んじてコロナの封じ込めに成功した各国も、第2波の可能性は否定しない。その意味でも、この問題はすでに長期化が確定しているのである。海外への渡航は長期間不可能、国内でも大規模なイベントは長期間、行うことができない。そして人のライフスタイルは大きく変貌した。

ワクチンの開発や重篤患者への特効薬など、医療による新たなソリューションで、この問題は年内にも沈静化するという声もあるが、たとえ症状改善と治癒の手法が見えてきても、多くの人の意識に、ここまで強く、すり込まれた恐怖や人と密接に関わる抵抗感を払拭するのは難しい。さらには新たなタイプのウイルスが蔓延する可能性を意識すると、どうやっても、元の日常に戻れないのは、容易に理解出来る。。現在の状況は、この問題の長期化の入り口であり、社会が新たな形に変化していく過程の入り口にすぎない。

この絶望感の破壊力は凄まじい。4月と5月だけでなく、夏場もかなりの確率でイベント等は自粛であり、今年一年は、この状態が継続するのだ。確かに一時的な緩和はあるだろうが、断続的に自粛と緩和を繰り返しながら、今年一年はこれを継続するしかない。しかし、その間、大型イベントなどを開催するイメージができるだろうか?そしてオリンピック中止ともなれば、来年もこの状態が継続する可能性がある。オリンピック中止と言うのは、日本の経済にとどめを刺すほどのインパクトがあるだろう。景気は悪化どころか、ボトムに沈むことは、誰でも想像できる。果たして、来年、この状況で、華やかなイベントやエンタメの仕事があると想像できるだろうか?来年は、311と同じくらいに、経済がシュリンクした一年になる可能性は高い。すでに世界的に見ても経済への打撃は瞬間的にも凄まじい。まだ高いポジションを維持している株価が2番底へ向かうのはあり得ると思う。

この悲惨な状態の中、3月ごろに話をした照明さんが、一年くらいは収入がなくとも継続できると、豪語していたが、もし2年継続したら、いや、数年間、今までのような仕事がなく、これまでの業界そのものが蒸発するとしたら、そう楽観的に構えていられるだろうか? 自分の仕事だけでなく、場合によってはインバウンドの観光業のように、業界ごと蒸発する可能性だってある。それがゲームチェンジ、社会全体の価値観の変化、パラダイムシフトという状態なのだ。これまで普通だったことがそうではなくなる。その変化の津波に、どう対応するのか?これが経営者に求められる挑戦である。

先に書いた通り、私は3月の時点で、この問題が長期化になり、自分の会社に大きな事業転換が必要になることは想像していた。実のところ、昨年からすでに、当社は事業転換を進めていたこともあり、新事業への転換そのものは、想定内だが、まさかここまでそれを、加速させることになるとは思わなかった。これを推し進めることにより、既存顧客のサポートや製品提供も継続することが可能であり、一時の痛みより、重要なことは存続することだと自分は思っています。今後、マイルランテックは、これまでお付き合いのあった皆様から見るとイメージしにくい事業に見えるかもしれませんが、何卒、ご理解いただけたらと思います。まずは存続が優先です。




2020年3月21日土曜日

未来へ向けて前進するマイルランテック

 2020年、誰もが信じて疑わなかった輝かしい年、オリンピックイヤー、そして日本経済も、いつか闇を抜けて上昇するのだと思っていた理想的にブリリアントな年は、一瞬にして暗転したと言っても過言ではないだろう。世界は得体の知れないVirus によって暗鬱なトーンに支配され、経済はリセッションへと舵を切っている。株価は大暴落をし、出口の見えない永遠とも言えるイベントの自粛や国を超えた人の移動のロックアウトによって、経済活動がほぼ停止に近い状態を余儀なくされている。

昨年の今頃、その時点で、もちろん誰もこんな悲惨な世界をイメージすることなどないでしょうし、当社もこのような時代が突然、やってくるとは、全く想像だにしていませんでした。故に2019年4月、当社はLuminexとの決別を経て、大胆な経営方針の変更を行いました。それは、マイルが歩んだ12年の役割を捨て、社員の入れ替え、そして舞台照明産業からの撤退、劇場産業からの撤退であり、それに代わり、改めて、映像製品を活用した映像産業への業務強化、インバウンド向け製品の提供など、基本的には、創業当初のアイデアに近いものですが、これまで歩んだ道とは、明らかに異なる分野へ進み、その分野にのみ、注力することを決定していました。しかし、このコロナショックという環境変化は、当社に対し、さらなる変化の意思決定を迫るものであり、当社としては、再度、自社のあり方について、真の意味でその存在価値の再定義、存続するための継続性を持った事業への転換を検討せざるをえない状況になったと感じています。

 当社は、おそらくは多くの方々の間で、今も舞台照明関連の企業というイメージが残っており、またイベント映像向けのメディアサーバーの企業というイメージもかなり浸透してきたのではないかと思います。しかしながら、まず当社は照明産業との接点は、ほぼワイヤレスDMX製品のみとなり、これ以上舞台照明に関わることは、今後もないと判断したことで、今の状況におり、今後もその世界に戻ることはないでしょう。今にして思うと、やはりルミネックスとの関わりのみが、マイルにとって照明産業との接点だったと感じています。そしてイベント映像分野においては、Modulo Pi製品の販売継続を持って、その責任を果たしつつも、おそらく、このコロナショックは、当社が、これまでと同じ形で続けることへの限界を与えるインパクトになったと感じています。

 今回のコロナショックは、3月の今の時点では、イベント産業や外食、インバウンドなどサービス産業を直撃したものでしたが、今後、このショックは長期化に伴い、さらに様々な産業に拡大していくでしょう。そしてオリンピックが絶望的となった時、そのインパクトは相当なものとなり、当社も映像メディアサーバーだけで存続していくことは、困難になることは明白です。かなり悲観的かもしれませんが、間違いなく、もうこの世界は元には戻らないでしょう。これは新しい価値観、思考への転換が必要な試練なんだと思います。このような世界の枠組みが大きく変化する転換点において、事業オーナーには、新たな決断、新たなアイデアの実行や会社の方向性の転換を決定することが求められると思います。今後、以前から取り組んでいる第2創業の改革を、再度、定義し直しながら、昨年とも異なる視点で、改めて自社の事業再編に取り組んでいくつもりです。